中古ドメインで高みを目指す男性

ウェブサイトの上位表示を目指すなら中古ドメインの使用が近道です。中古ドメインはそれまで受けていた被リンク効果やドメイン自体の評価を引き継いで使用出来るのです。こちらで中古ドメインの選定や使用のメリット・デメリットについて紹介します。

口コミサイトで利用された中古ドメインの設定方法

中古ドメインは利用されていたウェブサイトによって大きく価値が変わります。特に重要となっているのがバックリンクやSNSでの紹介が多いウェブサイトで利用されてきたドメインです。このようなドメインは口コミサイトなどでよくあります。口コミサイトは特定の商品やサービスを紹介していることが多いですが、利用者からのコメントが集まりやすく、また、SNSへの紹介も増えます。特にSNSへのリンクはリツイートやいいねなど更に拡散されることが多くPVを集めやすく、検索サイトでの評価も上がりやすいのです。そのようなウェブサイトは意外と閉鎖も多いです。閉鎖の理由はさまざまですが、検索サイトでの評価を残したままドメインは放棄されることが多く、再利用を狙う方がとても多いドメインでもあります。運良くそのようなドメインを取得できた場合はすぐに活用したいものです。その際注意した方が良い設定方法のポイントがいくつかあります。1つめのポイントは期間です。サイトが閉鎖されるとアクセスができなくなります。検索サイトでは定期的にロボットでサイトをチェックしますが、アクセスが長期間できなくなると保存していた評価を消してしまう恐れがあるのです。もしくは検索順位をクリアしてしまうこともあります。そのため、ドメインを取得したら出来る限り早くウェブサイトを復活させたいものです。ただし、復活させるのはドメインだけでは不十分です。重要なことは各インデックスのパスとカテゴリが合っていることです。ウェブサイトがなくなるとアクセスできなくなりますが、検索サイトでのインデックスは残されることが多いですからサイトの内容は分かります。新規サイトで中古ドメインを活かしたいならカテゴリやキーワードは合わせなくてはなりません。違う内容のコンテンツは新規として扱われる傾向が強く、中古ドメインを活かせないことになります。また、パスが変わってしまうとインデックスが消えることも多いですから出来る限りインデックスをクリックしたら関連するコンテンツが表示されるようにしておく必要があります。また、バックリンクについても同様です。SNSでのリンクは関連していなくてもPVは稼げるのですが、滞在時間は稼げないことが多いです。SNSからのPVも重要ですが、せっかくサイトまで来てくれた視聴者にすぐに帰られたのでは意味がありません。PVを増やしながらしっかりとコンテンツを楽しんでもらえるようにコンテンツを合わせることが大事です。