中古ドメインで高みを目指す男性

ウェブサイトの上位表示を目指すなら中古ドメインの使用が近道です。中古ドメインはそれまで受けていた被リンク効果やドメイン自体の評価を引き継いで使用出来るのです。こちらで中古ドメインの選定や使用のメリット・デメリットについて紹介します。

中古ドメインを選で意味ないゾーンを選ばない

中古ドメインはとても活発に売買されているのですが注意点がいくつかあります。その一つが意味ないゾーンを選ばないことです。ゾーンとはウェブサイトのカテゴリとも言えるものであり、中古ドメインの場合は過去に扱われてきたウェブサイトのコンテンツの種類を意味します。別なゾーンにあったウェブサイトで使われていたドメインを引っ張り出しても意味ないことが多いのです。さらにいえば検索サイトではドメインの履歴を残していますから関係のないコンテンツばかりのウェブサイトが現れたら新規サイトとして過去の履歴を抹消してインデックスを作り直すかもしれません。中古ドメインの最大の価値は検索サイトでのインデックスですからなくなるようなケースは避けたいものです。そのため、ドメインを選ぶ場合は無料でチェックできるドメイン履歴サービスを利用して過去の利用実態をチェックします。また、検索サイトでドメイン検索をすればどのような使われ方をしたかも分かります。ドメイン検索ではさらにインデックスの状態も確認できますからコンテンツを作る際の参考になるのです。コンテンツについては可能な限りインデックスを活かすように構成したいものです。また、バックリンクが確認できる場合はそのリンクも活かすことも大事です。リンクについてはSNSでのリンクが重要視されていますが、SNSでのリンクは切れていれば意味がありません。しかし、絶対パスでのリンクが多いドメインは手作業でリンクを合わせないといけないため手間が大幅に増えます。中古ドメインを選ぶ際は事前にSNSでもドメイン検索をしてみると良いです。ドメイン検索という機能がない場合もキーワードにドメインを入れてみれば大体のリンクの状態が分かります。その際、リツイートやいいねがどの程度あるかも重要です。リツイートやいいねが多いドメインの場合はそれらのパスを活かすだけでPVが増えるケースが多いのです。また、リツイートやいいねが多いリンクは検索サイトでも高い評価となります。PVが増えることはこれらのチェックポイントでかなり実現可能ですが、さらに重要なこととしてコンテンツの充実があります。コンテンツが認められているかは滞在率で分かります。滞在率が低いようなコンテンツでは検索サイトでの評価が下がる傾向が強いです。一時的にPVが上がって喜ばず、定期的にPVが安定するようにコンテンツの充実は重要なポイントとなっています。