中古ドメインで高みを目指す男性

ウェブサイトの上位表示を目指すなら中古ドメインの使用が近道です。中古ドメインはそれまで受けていた被リンク効果やドメイン自体の評価を引き継いで使用出来るのです。こちらで中古ドメインの選定や使用のメリット・デメリットについて紹介します。

中古ドメインはユーザープロファイルと嫌がらせに注意

中古ドメインが買いやすくなっています。オークション形式など価格もさまざまです。中古ドメインの価値はさまざまありますが、SEO的に強さがあると考えられており利用が進んでいます。ただし、利用したためにサイトの価値がなくなってしまったり、嫌がらせなどを受けてしまう場合もあり、利用についてはしっかりしたチェックが重要になっています。中古ドメインを選ぶポイントはスペルではありません。もちろん、スペルも重要ですが、中古の場合は利用履歴がもっとも重要です。ドメインの利用履歴についてはほぼすべて調べられます。無料でドメインをチェックしてくれるサイトが多く、調査はしやすいです。履歴には利用開始日、サイトのキャッシュが掲載されていることが多いです。サイトのキャッシュは更新される度に変わることが多いので最新の状態が分かります。ここで注意したいのはアダルトサイトを作るのでなければアダルトサイトは避けなくてはならないということです。アダルトサイトはバックリンクも偏っています。バックリンクしてくれたのがSNSであればユーザープロファイルもかなり偏ると言われています。ユーザープロファイルについてはSEOとしての価値が大変高いのですが、サイトのカテゴリが変わってしまうとこれらのリンクは意味がなくなります。また、以前の利用者が新しいサイトへの嫌がらせをするケースもあり、出来る限り同じようなコンテンツカテゴリであるドメインを選びたいものです。さらにスパムへの対応も重要です。一度でもスパムサイトと認定されたサイトはほぼ復活できません。検索サイトでもブラックリストに載ってしまうことが多く、利用にあたっては要注意項目です。民間のスパムサイト登録サイトでは外せることもありますが、検索サイトでは対応ができません。スパムサイトで利用されたドメインを使うと検索ロボットがきてくれなかったり、インデックスがいつまでたっても行われないことが多いです。また、検索順位も下がる傾向が強く、コンテンツの質がよくても検索サイトから無視されてしまう傾向があります。中古ドメインは買いやすくなっていますが、注意点は多数あります。付け加えるとバックリンクのユーザープロファイルも検索サイトではチェックされる傾向があるので、SNSなどでドメイン名を検索してみるとよいです。どのような方からリンクされているかチェックし、自サイトのリンクをしてもらいたいかをはっきりさせておくと選びやすくなります。