中古ドメインで高みを目指す男性

ウェブサイトの上位表示を目指すなら中古ドメインの使用が近道です。中古ドメインはそれまで受けていた被リンク効果やドメイン自体の評価を引き継いで使用出来るのです。こちらで中古ドメインの選定や使用のメリット・デメリットについて紹介します。

中古ドメインとピリオドを迎えたサイトの評価

中古ドメインが重要視されていますが、各サイトのピリオドの迎え方についてはチェックが必要です。中古ドメインの評価は主にコンテンツのインデックス化とバックリンクの数です。しかし、サイトの終わりが悪い状態であれば過去の良い評価をすべて捨ててしまった可能性もあるからです。コンテンツの評価は検索サイトごとに違ったアルゴリズムを利用しますが、最新のデータを活かしていることが多いのでサイトはあるがコンテンツを削除して放置してドメインが終了したようなサイトの場合情報がリセットされてしまった可能性もあります。そのため、ドメイン検索を各検索サイトで必ず行って現状の評価をチェックしたいものです。ドメイン検索で出てこないような中古ドメインはリセットされたかブラックリストとして無視されているサイトである可能性が高いです。これらの評価を直すには時間がかかるので新規サイトでの利用は避けたいドメインでもあります。サイトの価値はバックリンクの価値でもありますが、数ばかり気にされる方も多いのですが、実際に利用できるかはとても重要になってきています。各検索サイトではリンクのチェックが厳しくなってきています。リンクのチェックは自動で行われますがどのようなアルゴリズムかは公開されていません。そのため最低でもリンクが生きていること、似たようなカテゴリからのリンクであることは要チェックポイントとなります。また、リンクについては相対パスであれば新規サイトでも対応しやすいですから可能な限り相対パスでリンクが作られていたドメインを選びたいものです。また、アダルトサイトでない限り、アダルトサイトやツイッターのアダルト系からのリンクは避けておくほうが無難です。検索サイトによってはアダルト系サイトとして認められると検索結果に影響が出るケースが多くなっています。リンクについてはSNSからのリンクが増えていますが、貴重な財産となりますので可能な限り活かしておきたいものです。その際も相対パスであればリンクを活かせる可能性が高まりますのでドメインを選ぶ際は重要なポイントになります。ただし、どのリンクにも言えますが、中身が異なっていても同じカテゴリであれば滞在率には良い影響がでますので出来る限り同じカテゴリでの記事にしておくと良いです。中古ドメインは手軽に買えるようになりましたが、新規ドメインに比べて色が極端についていますので利用する際には細心の注意が必要です。